冷え性の改善に乳酸菌が良い理由

冷え性の改善に乳酸菌が良い理由

指先に悩んでいる方々は多数いらっしゃいます。いわゆる冷え性にお悩みの方々は、世間では非常に多いのですね。

 

冷え性になってしまいますと、とにかく指先が冷たく感じる傾向があります。お湯などに漬けても、まだ指先が冷たく感じるような症状ですね。

 

しかしそのような症状は、乳酸菌を摂取すると改善される可能性はあります

 

血行の悪化により冷え性になってしまう

 

そもそもなぜ冷え性になってしまうかと言うと、血行の問題ですね。人によっては血行が悪くなってしまっていて、指先などにそれが行き届かなくなってしまうのです。

 

上記のようにお湯に浸けても、冷たく感じるのはそのためです。それは血液が来ていないから冷たく感じるのであって、肝心の血液の流れを改善しない事には根本的な解決にはなりません。ですので冷え性に対しては、血行を良くするような治療が行われる事が多いです。

 

腸内環境の変化に伴って冷え性が改善される

 

ところが乳酸菌を摂取しますと、腸内環境は改善されると言われています。お腹の中に潜んでいる悪玉菌や善玉菌などに働きかけて、徐々に環境が良くなってくれる訳ですね。

 

そしてお腹の中の成分は、血液にも伝わります。お腹の中に多くの悪い物質が潜んでいると、ちょっと上記のような冷え性になってしまう事が多いのです。

 

しかしお腹の中の状況が問題なければ、そのような症状も発生しづらくなると言われています。血液がサラサラになるようなイメージですね。ですので冷え性の改善を試みているならば、乳酸菌の摂取は悪くないと思います。

 

出典:さらばアトピー!乳酸菌生活はじめよう

 

ちなみに血行を良くする為には、納豆なども良いですね。あの中には、オリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は乳酸菌のエサでもありますし、冷え性が徐々に良くなっていくスピードも早まるかと思われます。